講演者

shaw-2008.jpg

ショー・ウィリアム博士

ショー・ウィリアム博士は米国臨床化学委員会(American Board of Clinical Chemistry)によって臨床化学および毒物学の分野で認定されたボードメンバーです。博士は、疾病管理予防センター(CDC)、チルドレンズマーシー病院、ミズーリ大学、カンザスシティ医科大学、スミスクライン研究所を経験後、グレートプレインズ研究所を設立しました。その著書に1998年初版出版『自閉症とPDDのための生物学的治療法』、および2009年に出版された『自閉症:基礎を超えて』があります。ショー博士は世界中の国際会議にて頻繁に講演を行っています。

woeller.jpg

ウェラー・クート医師

ウェラー先生は18年以上にわたり統合医療に携わる医師であり、生物医学の自閉症専門医でもあります。また、ウェラー先生は数々の書籍も出版しており、代表的なものに『自閉症-回復への道』、『自閉症におけるメチルB12 治療』、『アルツハイマー及び認知症におけるメチルB12の治療』、『関節リウマチを持つ方が今すぐに必ず行うべき5つのこと』などがあります。ウェラー先生は米国内外で登壇する講演者であり、教育者であり、また、自閉症、慢性疲労、メンタルヘルス、多発化硬化症やその他の慢性疾患など、複雑な病状をもつ個人へ専門的な治療や検査を行ってきた生物医学の専門医です。

御川先生写真.jpg

医療法人ナチュラルアート クリニック 院長

日本麻酔科学会麻酔科指導医、日本救急医学会救急科専門医、日本抗加齢医学会専門医、日本統合医療学会認定医、統合医療臨床認定医、細胞環境デザイン学上級医師コース修了、日本DMAT(災害派遣医療チーム)チームリーダー、分子整合栄養医学専門医、サプリメント療法認定医、点滴療法認定医、日本予防医療協会予防医療診断士、遠絡療法専門医、アーユルヴェーダ医師コース修了etc.

救急現場で3万人以上の治療に従事した経験を経て、対症療法ではなく、患者様を細胞から元気にし、病気にならない身体作りのために「自己回復力」、「自然治癒力」を回復させるためのサポートを実践している統合医療専門医。

患者様一人一人に合わせた、きめ細やかなトータルケアを行う診療には定評がある。

人気テレビ番組にも多数出演し、予防医療の普及に尽力している。

%E8%89%AF%E5%AD%90%E5%85%88%E7%94%9F.jpg

スクエアクリニック 院長

日本抗加齢医学会専門医、米国抗加齢医学会フェロー、日本医師会認定産業医、日本内科学会会員
家庭医として従事する一方、抗加齢医学外来・アドレナル・ファティーグ外来で治療効果を上げている。
最近ではホルモン補充療法やブレインマネージメントまで診療の幅を広げている。また、自閉症児だけではなく健常児の栄養サポートも行い、子供たちのたくさんの笑顔を作るために奮闘している。二児の母親でもある。

 
GPLAcademy-JAP.png