概要

1日目
有機酸検査の臨床的有用性

セミナー1日目は、有機酸検査(OAT)に焦点を当てます。グレートプレーンズ研究所の有機酸検査は、すべての医療従事者が知るべき診断ツールです。内科医、神経科医、小児科医、精神科医、歯科医、自然療法士、栄養士のどなたでも、有機酸検査から入手できる情報はどのような臨床にも適用することができます。有機酸検査は、代謝の状態を反映し、症状の根本原因を探り、診断能力を大幅に向上させることができます。

2 日目
マイコトキシン、環境科学物質と健康への影響

2日目は、日々私たちの身の回りにある多くの化学物質から、カビにより放出されるマイコトキシンまで、環境毒素曝露の流行に焦点を当てます。まずGPL-TOXプロファイルで検査される172の化学物質から、多くの一般的な環境汚染物質について学び、これらの化学物質が私たちの健康にどのような影響を与えるのか、身体を解毒するためにどのような措置を取ることができるのかについて理解します。またマイコトキシン検査で確認される7種類のカビ性マイコトキシンと、これらのマイコトキシンに曝されることによる慢性的な健康状態についても学びます。実際に臨床でこれらの検査をどのように使用して、患者にとって最も効果的な治療法を作り出すかを評価検討していきます。

セミナー内容例:

  • 浸潤性カンジダと様々な健康問題との関連

  • 神経化学的不均衡およびキノリン酸毒性

  • 非金属有毒化学物質とその健康への影響

  • マイコトキシンの隠れた脅威

  • などなど

開催地:東京

開催日:2019年4月13日-14日

 
GPLAcademy-JAP.png