概要

1日目
有機酸検査の臨床的有用性

セミナー1日目は、有機酸検査(OAT)に焦点を当てます。グレートプレーンズ研究所の有機酸検査は、すべての医療従事者が知るべき診断ツールです。内科医、神経科医、小児科医、精神科医、歯科医、自然療法士、栄養士のどなたでも、有機酸検査から入手できる情報はどのような臨床にも適用することができます。有機酸検査は、代謝の状態を反映し、症状の根本原因を探り、診断能力を大幅に向上させることができます。

2 日目
マイコトキシン、環境科学物質と健康への影響

2日目は、日々私たちの身の回りにある多くの化学物質から、カビにより放出されるマイコトキシンまで、環境毒素曝露の流行に焦点を当てます。まずGPL-TOXプロファイルで検査される172の化学物質から、多くの一般的な環境汚染物質について学び、これらの化学物質が私たちの健康にどのような影響を与えるのか、身体を解毒するためにどのような措置を取ることができるのかについて理解します。またマイコトキシン検査で確認される7種類のカビ性マイコトキシンと、これらのマイコトキシンに曝されることによる慢性的な健康状態についても学びます。実際に臨床でこれらの検査をどのように使用して、患者にとって最も効果的な治療法を作り出すかを評価検討していきます。

セミナー内容例:

  • 浸潤性カンジダと様々な健康問題との関連

  • 神経化学的不均衡およびキノリン酸毒性

  • 非金属有毒化学物質とその健康への影響

  • マイコトキシンの隠れた脅威

  • などなど

開催地:東京

開催日:2019年4月13日-14日

 

スケジュール

1日目
有機酸検査の臨床的有用性

  • 受付 | 9:00 am

  • 有機酸検査がなぜ臨床実践において重要であるか | 9:45 am

  • 浸潤性カンジダと様々な健康問題との関連 | 11:15 am

  • 休憩 | 12:15 pm

  • クロストリジウム細菌毒素と様々な健康問題との関連 | 12:30 pm

  • 昼食 | 1:30 pm

  • 慢性的な健康問題におけるシュウ酸塩毒性の役割 | 2:30 pm

  • 神経化学的不均衡およびキノリン酸毒性 | 3:15 pm

  • 休憩 | 4:15 pm

  • ケーススタディと治療対策 | 4:45 pm

  • 1日目修了 | 6:00 pm

2 日目
マイコトキシン、環境科学物質と健康への影響

  • 開会 | 9:00 am

  • 食物アレルギー検査:慢性疾患における有効性の科学的証拠 | 9:15 am

  • マイコトキシンの隠された脅威 | 10:15 am

  • 休憩 | 11:15 am

  • 有機酸、マイコトキシンに関わるその他の関連項目 | 11:30 am

  • 昼食 | 12:30 pm

  • 非金属有毒化学物質と健康への影響 | 1:30 pm

  • グリホサート、2,4-D、GMO食品、およびマイクロバイオーム | 2:30 pm

  • 休憩 | 3:00 pm

  • 有害化学物質のケーススタディ | 4:30 pm

  • ペプチドが及ぼす自閉症および精神障害における脳への影響 | 5:00 pm

  • 多くの炎症性疾患の根本原因であるホスホリパーゼA2活性 | 5:30 pm

  • 閉会 | 6:00 pm

 

カンファレンス会場

Fukuracia 丸の内オアゾ

 

フクラシア 丸の内オアゾは東京駅より徒歩1分の好立地の貸し会議室です。心のこもったホスピタリティと、おしゃれなインテリア、そして快適な空間をご提供します。

pic_facilities_15.jpg

住所:

〒100-0005 東京都千代田区丸の内1-6-5 丸の内北口ビルディング 16階

※丸の内オアゾ内直結の連絡扉で「丸の内北口ビル」へお入りください。

会場であるフクラシア丸の内オアゾは、東京駅より徒歩1分に位置しています。参考のため以下のリンクより近隣のホテルをご案内しております。

www.fukuracia.jp/marunouchi/facilities/areainfo/

 

スピーカー

shaw-2008.jpg

ショー・ウィリアム博士

ショー・ウィリアム博士は米国臨床化学委員会(American Board of Clinical Chemistry)によって臨床化学および毒物学の分野で認定されたボードメンバーです。博士は、疾病管理予防センター(CDC)、チルドレンズマーシー病院、ミズーリ大学、カンザスシティ医科大学、スミスクライン研究所を経験後、グレートプレインズ研究所を設立しました。その著書に1998年初版出版『自閉症とPDDのための生物学的治療法』、および2009年に出版された『自閉症:基礎を超えて』があります。ショー博士は世界中の国際会議にて頻繁に講演を行っています。

woeller.jpg

ウェラー・クート医師

ウェラー先生は18年以上にわたり統合医療に携わる医師であり、生物医学の自閉症専門医でもあります。また、ウェラー先生は数々の書籍も出版しており、代表的なものに『自閉症-回復への道』、『自閉症におけるメチルB12 治療』、『アルツハイマー及び認知症におけるメチルB12の治療』、『関節リウマチを持つ方が今すぐに必ず行うべき5つのこと』などがあります。ウェラー先生は米国内外で登壇する講演者であり、教育者であり、また、自閉症、慢性疲労、メンタルヘルス、多発化硬化症やその他の慢性疾患など、複雑な病状をもつ個人へ専門的な治療や検査を行ってきた生物医学の専門医です。

 

お問い合わせ

こちらのセミナーに関するお問い合わせ先は以下のとおりです。

 

The Great Plains Laboratory, Inc.
11813 West 77th St.
Lenexa, KS 66214

 +1 (913) 341-8949
 

rlink@gpl4u.com

 

 

お申し込み

東京 - GPL有機酸検査及び環境毒素セミナー

*セミナーは土曜日曜の二日間です。

参加者特典:

2日間のコースを修了した方には、修了書及び、有機酸検査をお一つ無料で進呈いたします。

参加費用

  • 早期割引:(2月末まで)399ドル

  • 通常価格:(3月以降)499ドル

 
GPLAcademy-JAP.png